日本の各地を周遊・徘徊するウェブログ。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |

2012年4月 ナシ/モモ
ナシ

ナシも葉が出てくると同時に枝も一気に伸びました。
写真上1/3、枝がまだ緑色の部分はこの1ヶ月で新しく伸びた部分です。



ナシ 葉

ナシは葉っぱが好きです。
しかし・・・



ナシ 赤星病

今年もやはり赤星病に発病してしまいました。
カイヅカイブキというどこにでも植わっている植木を媒介とした病気なのでまあ当然なのですが。
ほっとくとこの赤い点が、生理的に嫌悪感を感じるようなグロイ見た目になり、葉がすべてダメになるので農薬をまきます。
うちではいつもビスダイセン水和剤という農薬を使っています。
4月、葉っぱが出てきた頃から1週間に1回のペースで霧吹きで全体的に吹きかけていきます。
(写真は吹きかけた後で白っぽくなっております)

しかし最近は、毎年農薬を使ってまで育てるのはどうもなぁ・・・という気もしている。
なんだかんだで近所の目も気になるし、猫がうちの庭をうろうろしているのもあるので。
いちおう風の吹いていない日を選んで、周りに飛び散らないように壁に囲まれた場所でやってはいるのですが。

そして気苦労は赤星病だけではありません。
5月終わりからはルリカミキリの襲来もあります。
去年ハリガネで退治したと思いきや、今年もまだ幹から木屑が噴出していたりするので、幼虫はだいぶ厄介。

ナシ農家はたいへんだなあとつくづく思う。



モモ

さて、こちらはナシと同じバラ科でも、
いまのところまったく病害虫が発生していない丈夫さが頼もしいモモです。



モモ

ナシとはだいぶ枝葉の形状が違います。
バラ科はとても種類が多いので面白い。
桃栗三年、柿八年といいますが、この苗は芽が出てから今年で三年目。
地植えならまだしも、鉢植えでは三年で実がなるのは無理だとは思いますが、
今年はほったらかしにせずに、施肥などを行って成長を促進してみようと思います。
花が咲くところが見てみたいので。

ちなみに毎年言っておりますが、
うちにあるこれらの果樹の苗木はすべて、スーパーで果物を買ってきて食べて、
その種を植えたら芽が出たものです。
けっこう簡単に芽が出るので、やってみると面白いです。




モモ 異常な葉

ちなみにこれは別のモモの苗木ですが、
1枚の葉っぱが異常な状態になっていました。
なんだろうこれは。

| サカナシ園 | 03:11 | comments(0) | - |

2012年4月 トチノキ/ボケ/水仙/キウイ
ゴールデンウィークはキャンプに行ったりいろいろやっていたのですが、なかなかまとまらないので先に書いてた記事をアップします。

さて、5月を迎え我が庭もにぎやかになってまいりました。
少しずつ書いていきます。


トチノキ 春

これはトチノキ(2年目)のつぼみが開いたばかりの頃。
なんかぬめっとしててセクシーなのは何故だろう。



トチノキ 春

1週間後。



トチノキ 春

現在はこんな感じで青々と茂っています。
なかなか鮮やかで良い新緑。



ボケ

深大寺で買ったボケの盆栽にもつぼみが。



ボケ

咲くとこんな感じで、風流なものでございます。




水仙

水仙も満開。
さながら植物園。




キウイ

キウイも葉が出てきました。
つうか真っ赤でなんか毒々しいんですけど。
葉っぱの感触はすでに実と同じように毛深いです。
そういえば今年は猫に食べられなかった。

最初はあんな小さな黒いつぶつぶ(種)だったのに、
今ではずいぶんでかくなりました。

| サカナシ園 | 02:51 | comments(0) | - |

“雪”柳が咲き春が来るとはなかなかに風流な。
ユキヤナギ

春の嵐も通り過ぎまして、
うちのユキヤナギも満開の気配です。

ユキヤナギとコデマリは素朴ながらなんか好きな花です。

さあ、今年もこのブログがバンドマンブログとはかけ離れた内容になっていくことであろう・・・

| サカナシ園 | 02:08 | comments(0) | - |

ヒシバ類の残骸撤去
今日は庭の手入れをした。


去年はトウモロコシとゴーヤを植えてにぎやかにやっていましたが、
秋ぐらいからアルバムの作業で多忙となり、手がつけられない状態に。
そして、ほっぽらかしていた結果がコレ。






草叢。
風に乗ってゴミも飛んできてしまっていて、
全体像はお見せできないかんじ。


とにかくこのわっさわっさ生えてる枯れ草(メヒシバか?)がすごい。
そんなわけで今日はまずこの枯れ草を排除した。

作業中なんかにおうな、肥料で撒いた BULL SHIT が発酵しておるのかな、と思っていたら、
CAT SHIT が落ちていてやる気がなくなりそうになりながらもまあなんとか排除した。


畠は、一度雑草が入り込んでしまうと、
もう完全に取り除くのは不可能となってしまいます。
とはいえ除草剤を撒くのはいやなので、
これから毎週末、ちょこちょこ時間作ってちょっとずつ整理していこうと思います。



はてさて、それはそれとして。
undermine のラスト音源がリリースされましたよ。
いつもながらのサウンドの作りこみ・練りこみ具合。ほんと好きだなあ。
最近やってたあの曲とかあの曲とかが無いのは寂しくもあるけれど。
ラジオで気になってた「時軸、交転」が聴けたのもうれしい。

http://undermine.6.ql.bz/discographymain.html


今週は日曜ライブに向けて、バイト〜練習の毎日であろう。
曲作りたい。

| サカナシ園 | 23:02 | comments(0) | - |

春がまた
ねこ

ある日の休日の午後。
猫さまがうちのベランダの屋根でひなたぼっこりをしておられます。
こちらの猫さまは大変ふてぶてしくいらっしゃるご様子で、
「なんだぁ?てめぇは?」とでも言いたげなお顔つき。
眉間の模様ぐあいが、なんだかメンチきり過ぎてメンチ皺が出来てしまったおやくざさまのようでございますね。

失礼をいたしました。


ユキヤナギ つぼみ

花壇につぼみやらが芽吹いてまいりました。
これはユキヤナギ。



コデマリ

こちらはコデマリの葉の芽吹き。

ユキヤナギやコデマリなどのバラ科シモツケ属は、
うちの植物の中ではいちばんはやく芽吹いて花を咲かす、春を感じさせてくれる植物です。


雑草

雑草も花を咲かせようとしています。
雑草としか呼べないのはなんとも気持ちが悪いのですが、
名前を調べるのはそれなりに面倒くさい作業なので、今日は止しておこう。寝たいし。



それでは以下、ざっと動きのある植物を羅列。

あじさい 芽吹き

あじさい。
あ、そういえば四月からさんかれあが始まるんだった。
テレビが無いので見れないんだった。


アシタバ

アシタバ。
冬は地上部は枯死、または果てしなく弱っていましたが、
根っこは生きており、春の訪れを目前に捲土重来。
食べるのを目的に育ててたんだけど、一回も食べたこと無い。
天ぷらはめんどくさいんだよな。


タラノキ

同じく食えるシリーズ、タラノキ。
2年目くらいになるんだけど、毎年冬に枝から何から全部枯れてしまって、
春になるとこうやって一から育ってくるんだが、鉢植えにしてるのがいけないんだろうか。
これも天ぷらにするのがめんどくさくて食べたこと無い。


キウイ つぼみ

こちらはキウイ。
キウイはマタタビ科なので、葉っぱが出てくると猫が新芽をかじってラリってしまい、
「ふぁあああー!ふぁあああー!」と悦楽の声を上げながら、
家の前で合法ドラッグパーティをおっぱじめてしまうので、
対策を練らなければいけない。
どうしようか。


とにもかくにも、
また春が来た。
来てしまった。

雑草が生え放題になった庭の手入れも、来週にはしないと手遅れ。

| サカナシ園 | 02:53 | comments(0) | - |
著者紹介
最近の投稿
カテゴリー
過去の投稿
オマロ内検索