日本の各地を周遊・徘徊するウェブログ。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |

栃木・福島周遊記2013年6月【9】〜北温泉旅館周辺〜
北温泉旅館
北温泉旅館を出て、駐車場まで戻ってきました。
やはり高い・・・
これはおそらく福島県白河市方面の眺め。

ノープランだったのですが、とりあえず那須湯元でメシ食って、近くの“つつじ吊橋”を見物した後、かねてよりドライブしたかった甲子道路(かしどうろ)を走行し、福島県会津にある景勝地“塔のへつり”へ行くことに決めました。レンタカーを返す時間が気になりましたが、まあ間に合うんじゃねぇか? と楽観的に構えてGO! 結果的にはやや無謀な楽観主義となりました・・・。
 

那須高原 つつじ吊橋

那須高原 つつじ吊橋
ということでまずはここ、“つつじ吊橋”
途中の林内で最盛期を迎えたエゾハルゼミがニョッキニョッキ鳴きまくっていて面白かったなー!
なんて余裕をカマしつつ・・・。


北温泉旅館 つつじ吊橋
ぐ、ぐぅ・・・
タッ・・・タカッ・・・タカイヨウ・・・


北温泉旅館 つつじ吊橋
おぅふっ!
なんてことをしてくれやがるのでしょうか。
東京タワーの展望台にもわざわざ床がガラス張りになっているところがありますが、高所恐怖症の自分にとっては正直拷問です。
ていうか、高所恐怖症ならわざわざ吊橋を渡りに行くなよ、って感じなんですが、「うひゃあぁぁぁぁ・・・KOEEEEEEE!!」ってのをやりたくて、渡れないのをわかっていてつい行ってしまうものなのですね、どうも。


北温泉旅館 つつじ吊橋 廃橋
んで、よしゃいいのに下を覗き込んでみたりしてウヒャアァァァ・・・ッ!! と大の大人が恥ずかしい声をあげ・・・ようと思ったら、なんだっ、アレはっ!?
廃橋じゃあねえかッ!!

時間があれば突入してみたかったのですが、レンタカー返却問題でこれ以上行程を増やせないのであえなく断念。まあ次来た時ですな。


那須高原 つつじ吊橋
無理っ!! もー無理っ!!
下半身のぞわぞわ感が我慢の限界を超えました。
へっぴり腰でヘコヘコ引き返す恥ずかしい成人男性。
吊橋渡るぞ! と意気込んで来ておきながら、対岸まで渡らず引き返すとはなにごとじゃ、という感じですが、まあスリルは味わえたのでいいです。


那須高原 つつじ吊橋
頑張って撮影した吊橋上からの絶景。
のつもりが、へっぴり腰気味なため視座が低くなり、絶景感が著しく損なわれております。ゴメンネ、つつじ吊橋。
 

栃木県道・福島県道290号那須甲子線ドライブ

さあ、要も済んだので(苦笑)ここからは華麗なるドライビングだぜ!
とはいえ、自分が運転するので写真が撮れません。
マユミサンが撮ってくれればいいんですが、名探偵の少年に含み針を刺され眠ってしまったので、あえなく独りでダウンヒル。

那須高原から甲子道路までは栃木県道・福島県道290号那須甲子線で山を駆け下りていくのですが、ここは有料道路が無料化した道路だけあって道幅も広く、苦にならない程度の峠道らしいコーナーが連続していて、しかも対向車も後続車もほとんどいない、実に快適極まりない道路でありました。
また景色もよくてね・・・写真が撮れなかったのが非常に悔やまれます・・・

ちなみに先刻、「ダウンヒル」などとかっこつけて言ってみましたがレンタカードライバーにそんな真似ができるはずもなく、実際はアクセルは踏まず控えめな速度で慎重にしかし出来うる限り速度を保ったままコーナーを抜けるというような安全な一人遊びをしていたに過ぎません。だって、無茶な運転すると、わたくしは車酔いしてしまうから。自分で運転しているのに
ブレーキを踏む際のゆるやかな加重移動がキモです。美しいグリップ走行を目指します。
 

甲子道路ドライブ

国道289号線・通称「甲子道路」(甲子と書いて“かし”と読む)へ抜けると、あとは一直線に会津地方へ。

この国道はもともと車両通行不能区間、いわゆる“点線国道”が存在していて、甲子峠付近が登山道になっていたらしいのですが、数年前に「甲子トンネル」という4kmを越える長大なトンネルが開通し、ようやく車が通行できるようになりました。このおかげで会津地方への交通の便が飛躍的に良くなったとか。

で、そんな甲子道路、人里離れた山の中の国道にしては異様に高規格であることで定評があり、実は自分もそれを楽しむのが目的だったのですが、走ってみたところ確かに、人家も見当たらない山深い場所にしては不自然なほど直線的な線形、下郷付近までほぼ信号もなく、どこまでも続きそうな甲子トンネルの長大さなどなど「これが一般道なのか? 地方によくある2車線高速道じゃないのか?」と見まごうばかりの堂々たる道路で、その昔は険しい峠を越えられず、国道に指定されていながら途中が登山道になっているというありさまであったのに、今やこんな高規格な道路で山腹をブチ抜けるのだから、土木技術の進歩ってのぁすごいものですなぁいやはや、などと独り感心しながら運転していたら、あっという間に福島県の下郷まで抜けることが出来ました。こりゃあ便利だ。


だいぶ文章だけが長くなってしまったな・・・
今後、ドライブのときにどう写真を残すかは課題であります。


次は塔のへつりですぅ。

 

| | 00:00 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 00:00 | - | - |
コメント

コメントする









著者紹介
最近の投稿
カテゴリー
過去の投稿
オマロ内検索