日本の各地を周遊・徘徊するウェブログ。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |

【どくしょかんそうぶん】金原ひとみ / 憂鬱たち
「AMEBIC」くらいから町田康の影響が(実際はどうか知りませんが)感じられるようになりましたが、
今回は一番良かったころの町田康がやっていた脳内思考全自動速記のみで勝負したような作品という印象を受けました。

が、これは少々失敗しているのでは…。

もっというと、本家の町田康も陥ってしまった問題点をそのまま引きついでしまっている感じを受けました。
思考の奔流をあますことなくだだ洩らしにしていく、という手法を支えるのは、豊富なボキャブラリーに裏打ちされたユーモアであると思うのですが、語彙的にもギャグ的にも(ここでのギャグと言うのは、「登場人物には笑わせるつもりはないのに見てる方としては滑稽に感じる、という体のギャグ」)ネタが尽きると、ただただボキャブラリーの豊富さに依存した、言い回しを引き延ばしただけの冗長で退屈な作品に成り下がります。町田康は芥川賞受賞後しばらくして仕事をたくさん抱えたためか、エッセイも小説も質が非常に下がりましたが、その原因はネタの枯渇、ネタ不足にあると感じていました。

本作も完全にこのトラップにはまってしまっています。
僕の知る限りでは金原ひとみはそんなに連載を抱えている状況でもないと思うので、単にネタ不足と言えるかもしれませんが、読んでいて、時たまくすりとする程度で、ほとんどが冗長で退屈な言い回しの羅列になってしまっています。妄想の引き出しにバラエティのなさというか凡庸さ、枯渇感を感じます。

今作品は、金原作品の魅力だったヒリヒリするような渇望や、発作的な熱情などがまったくと言っていいほど感じられず、帯の煽り文句に「ポップ」という言い回しがある通り、ライト層向けなのかな?と取れる節もあります。
ただ「劇薬」との煽りは完全に過剰広告です。これまでの作品のようなエグい部分は全くありません。

町田康は小説家として売れるまでが非常に長く、またパンク歌手としての破天荒な生活などがあり、その時の経験や体験談をネタにしてあれだけ持ちましたが、金原ひとみは若くして売れてしまったのでこの手法のみで押し進むには少々厳しいのでは、と感じました。もうちょっとストーリーやら設定やらの骨格をしっかりもった小説を書いてもらいたほうが面白いと思うんですけどねー。
まあもともと彼女にそういった作品があるわけではないのですが、「AMEBIC」と「ハイドラ」がその辺、ある程度ストーリーや設定を持ちながらも妄想・感情・精神疾患などでぐしゃぐしゃになってる感じがすごく面白かったので(特に「AMEBIC」では町田康的手法が成功していた)、あの路線を推し進めたものが読んでみたいと思った次第でございます。


| | 00:00 | comments(0) | - |

もつれた糸を解くのには、もつれるのにかかった時間の何百倍の時間と労力が必要であるという事実。もつれを一瞬で解く魔法などは存在しない。

 最近はこんな本ばっか読んでます。



 ユーゴ崩壊までのスラブ民族の歴史が知りたくて。


 戦争・紛争は何で発生するんだろう、
 ということを人間全員が深く考えることが、
 本当の意味でNO WARに繋がるんじゃないだろうか。


 しかしいざそれをするとなると、ヨーロッパの民族の歴史はあまりに複雑で理解しづらいですねー。


 高校の頃、世界史の授業 = 睡眠時間と位置づけていたツケが回っているようです。


 まあがんばる。


【♪SONIC YOUTH/EVOL】

| | 17:20 | comments(0) | - |

なんだかねぇ・・・

 綿矢りさの『夢を与える』を読んだ。

 これはちょっとイマイチ……。

 まず「一人称」を捨てたのがかなり裏目にでてる気が。

 全体的にも焦点がぼやけていて、どうしたい話だったのか、よく伝わってこない(一番感じたのは、「人間ってアホだなぁ」ということと「これはかなり作者の準・私小説だな」ということ)。

 「純文学」とか、「エンタメ小説」とか、分けて考えてしまうのはいがかものかとは思いながらも、純文学にもエンタメ小説にも振り切れてないのが一番オモシロクない。この小説の場合、どうせならエンタメに振り切って欲しかった。

 ちなみに金原ひとみの『ハイドラ』はすごく面白かったです。
 この人の小説は、何回も読みたくなるところがイイ。



 さて、リズムでも打ち込みますか…

| | 12:34 | comments(2) | - |

こんなただの日記でも

サウンドロップ

 最近マリオのコレにはまってます。


 大の大人がガシャポンできゃいきゃい言っているのは、平和な光景であると宣言して、特に差し支えありませんでしょうか?


 死ぬときの音とコインの音でコンプリートなんですよ!!
 ここからが、投資金額が加速するときでありますなぁ。




 あ、最近小川洋子の『ホテル・アイリス』読みました。

 これは、「たまらない」のひとことにつきます。
 小川洋子の、人間の暗部をやさしく、残酷に、美しく、グロテスクに描く感じが色濃く表現されています。

 まったく、「わたし」(「あたし」じゃなく)ということばの響きがこんなに美しくいとおしいものだったとは。

 名作かどうかといったことは置いといて、この世界観、とにかく「好き」です。



 ちなみに今は、金原ひとみ『ハイドラ』と、楳図かずお『14歳』を読み中。
 楳図センセイ、相変わらずスゲーね……


| | 22:35 | comments(0) | - |

ブック・オブ・ザ・イヤー2005 
 2005年、オレ的に面白かった本。

■町田康『告白』
 マーチダ先生の全てが詰まった最高傑作。明治の猟奇殺人事件を扱ったハナシなのに、引きこもり、ニートの心理と発生の構造が奇しくも描かれてしまっているところが玄妙。笑いあり、泣きあり、最後は狂気で圧巻。谷崎潤一郎賞受賞。

■山田昌弘『希望格差社会』
 こいつはある意味とてもパンクな書だぜ。フリーター、正社員、勝ち組、負け組。日本がどんどん簡易な二極化に突き進んでいく中、みんながあえて見ないように考えないようにしていた、「それを言っちゃあおしめえよ」的なことを、ざまあみさらせ!全部ぶちまけてやる!!とばかりに激しく論証している。フリーターも、正社員も、学生も、全日本国民必読の衝撃の書。どんだけ自分が思考停止していたか、目が覚めるよ。

■金原ひとみ『AMEBIC』
 完成度?まーそういうことを言うとアレなんだけれども、このバーストしたテンションはまさにロック的だね。こういうアツい小説は好きだ。脳内の独り言をそのままキーボードにたたきつける、思考実験的なオモムキもあり。って、なんだか、というか、かなーり、町田康的。女版町田康。

| | 11:39 | comments(0) | - |
著者紹介
最近の投稿
カテゴリー
過去の投稿
オマロ内検索
その他