日本の各地を周遊・徘徊するウェブログ。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |

迷子のキアゲハ終齢幼虫
キアゲハ終齢幼虫

スーパーに買い物に行ったところ、キアゲハの終齢幼虫があてどなく駐輪場の壁を歩いていました。
サナギになる場所を探しているのだろうけど・・・つうかどっから来たんだお前は。ここの駐車場、だいぶ広いんですけど? まさかスーパーのセロリかパセリ・・・?

緑、黒、オレンジ、というこの派手な模様はいったいどういった進化で生まれたのか、いつもながら気になります。なにげに配色のバランスもよく、私も励みにさせていただきたい所存でございます。

まあ、とりあえず、一世一代の大勝負(命がけの完全変態)、がんばれ。




| | 00:00 | comments(0) | - |

みんなみんな 生きているんだ でも別にそれだけで友達ってわけにはいかないよな
アオドウガネ

家の庭で、ヤブガラシの花を食べるアオドウガネを発見。
涼しくなってきてシーズンも終わりに近づきましたが、アオドウガネはまだまだお盛んなようです。
金属光沢のある緑に可愛らしい姿・・・見た目はいいんですが、コイツらは品性がやや下賤と言うか、とにかく卑しいくらい葉っぱを食べまくります。

虫かごに葉っぱと一緒に入れて家の中で観察していると、バリッバリッバリッという音をたてて一心不乱に葉っぱを食べ続け、さらにヒトの影を察知すると、盗み食いをしているのがばれた人のようにびくっとして、すばやく葉裏に身を隠そうとします。

そんな彼らはヒトにとっては当然都合の悪い昆虫で、問答無用の超害虫指定。
もうちょっとカナブンやカブトムシのように悠然としていたら、子供にも人気だったろうに。



アオドウガネ

別の日、またアオドウガネを発見。
うーん、でもやっぱり、かわいいな・・・。




| | 00:00 | comments(0) | - |

ハラビロの一族
ハラビロカマキリ

うちの庭に今年もハラビロカマキリが現れました。
いや、現れた、っつーかね、春くらいから存在は確認していたんです。
それがこんな立派な成虫になって・・・しかもおなかが膨らんでるのでご懐妊されております。感動もひとしお。




ハラビロカマキリ

かっ・・・かわいい・・・(´w`:)
ハラビロカマキリは臆病だったり気性が荒かったりするので、こちらの女性もかなり警戒しておりますね。
巨獣が機械を構えてずいずい近づいていく度、ゆっくりゆっくり後ずさりしていくのです。悲しいじゃないかこんなに愛しているのに。いるのに!


でもハラビロカマキリのこのちっちゃくてカマキリにしてはむちっとした体型や、エメラルド色の体色や、垂直面や樹上での俊敏さなど、子供の頃から大好きで仕方が無いから困ったもの。



母カマキリはこの後、卵を産んで死んでしまいます。
来年の春に生まれてくる子供が、親の顔を見ることは絶対にありません。
そんな生き物には、そもそも「親」という概念は存在しないのか…。


ヒトにとっては当たり前のことが他の生き物にとっては当たり前で無い、というけっこう当たり前の事実を、蟲を観察していると思い知ることが多い。

今年もそろそろシーズンが終わります。





| | 00:00 | comments(0) | - |

【蟲】去年の横川〜碓氷峠 10月に蟲の者供
またも誰得なおまけ蟲写真。
でもこのwebの世界では、必ずしも誰得?なんてことにはならないと、そう信じてアップ。



オオトビサシガメ

碓氷峠鉄道文化むらにて。
ヘリカメムシかサシガメかといったひょうたん型の風貌。
オオトビサシガメではなかろうかと思われる。けっこうでかかった気がするし。




ヒメヤママユ

NOーーー!!
なんか満身創痍なヒメヤママユを発見。
右の翅がぼろっぼろだし、触角も一本無くなってる。
美麗種なので、完全体を見てみたかったですが、まあこの時期ではしょうがないかもしれねぇ。
ということで、頑張って生きてください。
あ、もしかしたらこの写真、右が天で左が地かもしれない。




ツノアオカメムシ

今年も群馬のスキー場で出会ったツノアオカメムシ、実は去年も出会っていたようです。




ナミテントウ

ナミテントウ。なんだかこの日はやけにテントウムシが大量発生してました。



カメノコテントウ

碓氷峠めがね橋上に、なぜかカメノコテントウがたくさん!
カメノコテントウはテントウムシのなかでも最大級の種類で、かなりデカイ。普通のコガネムシのようです。
実物を見たこと無かったんでちょっと興奮しました。威風堂々たる風格。



ナミテントウ

こちらはナミテントウ。上のと色が違いますが、ナミテントウは色、模様ともに何パターンかあって、一見別の種類のように見えます。
とりあえず、止まってくれねぇかな・・・



ナミテントウ

こちらもナミテントウ。
止まってくれよぶれるじゃないか・・・




| | 00:00 | comments(0) | - |

クローズアップ山繭
ヤママユ

そういえば岡山に行ったときにこんな写真を撮ってたのを忘れてたので、せっかくだからクローズアップ山繭、ということで行きたい。
コンビニに比較的、翅のきれいなヤママユを発見し大興奮。



ヤママユ

上からヤママユ。
ウサ耳状の触角(男性の証)、きぐるみのような手足。



ヤママユ

クローズアップ前翅。
眼状紋の中心部分はなんと透けておるのです。これにはびっくり。



ヤママユ

クローズアップ下翅。なんという毛並み。昆虫じゃないみたいですねー。さぞつべやかなんだろうな。さすがモスラ。



などと夢中で撮影している姿は、周りから見ると、コンビニ内を盗撮している相当変な人、である。
もう堅気には戻れない。




| | 00:00 | comments(0) | - |
著者紹介
最近の投稿
カテゴリー
過去の投稿
オマロ内検索