日本の各地を周遊・徘徊するウェブログ。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |

茨城県周遊記2013年7月【2】 〜花貫ダム〜
花貫ダム
茨城県周遊はダムからスタートしました。


花貫ダム
花貫ダムは小規模のダムで、どうやら茨城県営の補助多目的ダムというやつらしい。


花貫ダム
うーん、小型です。


花貫ダム
ダム好きの人ならこういった諸元を見てグッときたり、ダム建設の歴史や地域社会への影響なんかを紐解いて想いを馳せたりするのだと思うのですが、自分はそこまではなかなか……。
ダムに関しては門外漢であることを否定できず、語る言葉もないことがもどかしいのであります。


花貫ダム
こういう「施設」的な非日常的光景は面白いのですが、なかなかそれ以上踏み込めないというか、たとえば「中空重力式コンクリートダム」とはなにか、といわれても、熱く語ることは出来ないわけです。
一番大事な対象に対する愛情や熱意が無いとねぇ……ううむ。

どうも、自分のダムに対する想いというのは、“巨大さ”に対するものであって、ダム自体への愛情とはちょっとちがっているような気がしました。
つまり、“でかい!”とか、“高い!”とか、“広い!”という見た目の部分に喜んでいるだけで、ダムの中身を、本質を愛せていないのではないか、と。


花貫ダム
…などと考えながら歩いていると、おおっと!?
ダムの堤を渡りきった先が、通行止めになっているじゃあないか!?
先に進みたかったけれど、ダムの管理人のおじさんが管理棟前で働いていたのでやめました。(管理人のおじさんがいなくてもやっちゃいかんだろう…)


花貫ダム
うーん……怪しい……
もしかしてダムの両岸を取り巻くような道があったのでは……。


花貫ダム
その廃道っぽいゾーンの左側はなんだか遺跡のようになっています。
すげぇ降りてみたいこういう場所。
でも、降りたら上らなきゃいけないんだよねー。
(この教訓は、後日長島ダムにて身をもって思い知らされることになります……。)


花貫ダム
……と、なにやら内省も含めていまいち成果があがりませんが……
気を取り直して、この花貫ダム、一見地味に見えるのですが、実は非常に個性的な一面も持ち合わせていることを発見しました。
見てくださいこの案内板を。
普通ダムは山奥にありますが、ここ花貫ダムからはなんと海が見えるそうです。

それもそのはず、花貫ダムは海からの距離が10km程度で、山を降りるとすぐ高萩市街となっているため視界が開けており、“山奥”のイメージが強いダムにいながらにして“海”が見えてしまう、というギャップ萌えを得ることが出来るのです。

それは珍しい、と、わたくしもさっそく海が見える様を写真におさめようとしましたが・・・


花貫ダム
見えてる……? 海……(ノД`)
この日はすごく暑かったんです……水蒸気でもやっててよく見えません……


花貫ダム
てなわけで花貫ダムでした……orz

いろいろな反省も持ち帰りながら……。

以下ちょっと内省ついでに。

最近はずっと、とっちらかった自分の興味の対象を整理する、つまり、興味はあるけど踏み込まないようにするであるとか、断ち切るであるとか、そんな作業をずっとやってきて、虫コンテンツも別のブログに分離したのもその一環なのですが、このブログ、まだまだ的をしぼっていかねばなりませんなぁ……と思ったダム探索。

全てを相手にしているとその分、“その道一本”の人には絶対にその“深さ”で勝てなくなってしまいます。それが最近悩みの種。


何事も、精度と純度を上げて深化していかなければならんのであります。


つづく。(反省もつづく)


| | 00:00 | comments(0) | - |

茨城県周遊記2013年7月【1】 〜周遊の概要〜
ひたちなか海浜鉄道
2013年7月10日、茨城県をで周遊してきました。(写真は鉄ですが・・・)

水戸にライブを見に行く予定があったので、せっかく水戸まで行くのならレンタカーでドライブでもしてやらうぢゃあねぇか、おおそうぢゃ、ということで、茨城県の極私的注目SPOTの網羅を目論んだのでありましたが、笑いあり涙ありな過酷な車旅となりました・・・。


今回のお品書きは以下。

【1】奥久慈周遊

【2】大甕の洋食レストラン「清海」

【3】ひたちなか海浜鉄道


茨城県は平野がちな地形で、山岳部が県北部に限られているうえ、最高峰は八溝山の1,022m。
当ブログ的にHOTなSPOTはあまりなさそうな香りがするのですが、そのもっとも秘境度が高いと思われる県北部の奥久慈をドライブすれば何かしら面白げなものがあるんじゃねぇか、という、場当たり的な期待感をこめてドライブを決行することにしました。正直、前回の栃木福島周遊の成功で調子付いていたのもあったと思います。

そんなわけで、今回もいつものマユミサンに、ライブを見に行くKOBAさんも同乗し(我々の下らないお遊戯に付き合っていただくという過酷な条件にも拘らず)調布を出発したのでありました。

都内脱出

調布・府中付近で生活する人々にとって、車で遠出をする際、東京脱出が毎度悩みの種であります。
今回は前回の反省を踏まえ、甲州街道は使わずに気前よく調布ICから中央道に乗ってしまう、という戦法を取りました。 これが意外に功を奏し、いつもの江北JCT付近の渋滞はしょうがないとして、腐海の瘴気(ほこり)に沈む不本意な故郷・足立区の鬱屈をやり過ごし、常磐道に到達。
以後、一気に高萩まで快走したのでありました。

高萩から八溝山地へ突入

高萩からは国道461号線で八溝山地を中ほどまで横切り、道の駅を散策して国道349号を使い水戸方面に引き返す、というプランを立てました。

上野発常磐線で「高萩行」を良く見かける印象から、高萩とは、大きなターミナル駅のある地方都市、というイメージを勝手に抱いていたのですが、ICを降りた途端に山道に放り出されて唖然・・・。しかし、むしろそういう怪しげな雰囲気のほうが興奮する性質なので、徐々に気分も盛り上がり、走りやすい国道461号線をキャッキャしながら走行していると、花貫ダムが見えてきました。

今回は「おっ」と思ったところにかたっぱしから寄っていく予定だったので停車。

次回、ダム探索から周遊録スタート!

| | 00:00 | comments(0) | - |

栃木・福島周遊記2013年6月【11】〜塔のへつり〜
塔のへつり
塔のへつり」は、福島県南会津郡下郷町にある天然記念物指定の景勝地。
大川の浸食により奇岩となった崖が立ち並ぶ異様な風景が、見る者を圧倒するSPOTです。


塔のへつり
自分は有名な観光地になるほど興味が薄れていく性質なもので、正直あまり期待してなかったんですが、これはなかなか迫力がありましたね。中国の山水画のような感じで。

緑と岩のコントラストが美しいですね!!


塔のへつり
さあっ、行ってみようか。
ちなみに下のほうのえぐれてるところはですぞ。


塔のへつり
これくらいの吊橋ならば怖くありませんわ。高くないし、がっしりとしているし。
でも、“○人以上乗ると危ない”みたいなことは書いてあった気がするし、けっこう揺れるんだな…。


塔のへつり
橋上から下流方向を眺めています。
これは北を向いているんですが、関東出身者からすると北側が下流、というのがなんだか不思議な感じがします。関東の川は基本北から南へ流れるので。


塔のへつり
同じく下流方向。遠くに赤い橋梁が見えております。
だいぶ流れが淀んでいるので川面に空模様が映りこんでます。


塔のへつり
そして対岸に渡って、えぐれ道の突端まで来ましたが・・・
ここにもなんと廃道が(昨日の「越床峠」と同じく、山いがで知ったのですが)。
ここは昔、会津中街道として人々の往来があった場所。もともとは前後に道が続いていたのですが、現在では写真のように途絶してしまっています。(実はいちばん最初の写真と2個前の写真にも廃道が映っています。)


塔のへつり
ていうか、こんな危険な“はしご橋”が道だったとでも…!?
踏み板が抜けたにしても、天井が低すぎやしませんか?


塔のへつり
なぜか、賽ノ河原よろしく平たい石が積み上げられている場所もありました。
自分は行きませんでしたが、塔のへつりを登っていくと地蔵尊が祭られているようなので、その関係でしょうかね?


帰路

はー、もうおなかいっぱいだっ。
目的をすべて達成、残るは時間通りにレンタカーを返却するだけとなりました。

廃道も温泉も鉄道も(そして実は蟲も)総て愉しみ、今回の旅はなかなかの成果でしたな! と大興奮のままスタートしましたが、国道121号を走行中、前にずっと砂利かなんかを積んだ大型トラックが走行しており、しっかも山道に入ると時速10kmくらいのノロノロ運転になるもんだからぜんぜん先に進めず…。国道121号線はずっとはみ出し禁止だし、どうしようもならん…。カーナビの到着時間が返却時間ギリギリに。やべぇ…。

結局、会津から栃木県境の峠あたりまでノロノロに付き合わされて精神がボロボロに…
加えて、たまのレンタカードライバーのクセに調子に乗って一日中車乗り回したもんだから、すでに集中力は限界。
カーオーディオで悠木碧を流していたら、ついつい意識がとんじゃって「嗚呼、なんと可憐なことよ・・・」等ととろけていたら、高速でアッーーー!しそうになりました。同乗のマユミサンも恐慌状態に陥る。危ねぇっ!

このアッーーーー!未遂事件以降、運転しながらの悠木碧はマユミサンに固く禁じられてしまいました・・・(ノД`)

ということで、完全にMPが0になった状態ながらもなんとかふんばり、無事レンタカーを時間内に返却することができました(ギッリギリでしたが)。オツカレサマシタ!


ふぅ・・・。


以上が、ワタクシの栃木・福島周遊記の顛末となります。
初の車旅行は1泊2日とは思えぬ濃厚な旅となり、無事何事もなく帰着できたので万々歳です。(これで調子こいて後日失敗をするんだ・・・)

そして地味に、とても地味に、私の行動最北端が、中学の時に行った那須の茶臼岳から、福島県会津郡まで押し上げられました。どうでもいい情報でした。

それでは。お粗末さまでございました<(_ _)>


次回は茨城県を蹂躙するの巻ッ!!


| | 00:00 | comments(0) | - |

栃木・福島周遊記2013年6月【10】〜会津鉄道会津線「塔のへつり」駅〜
会津鉄道会津線 塔のへつり駅
那須高原から甲子道路を快調に走行し、塔のへつりまでやってきました。

福島県南会津郡下郷町にある塔のへつりは奇岩・奇景で有名な会津の景勝地であります。
が、その前に前菜、いや、むしろこちらがメインディッシュなのでは、と思われる会津鉄道会津線「塔のへつり」駅を激写しなければなりますまい。

ということで、今回は“鉄成分”を満たして行こうと思います。
廃道に温泉に鉄道に、大変だねこの旅は・・・


会津鉄道会津線 塔のへつり駅
秘境駅に数えられることもある塔のへつり駅、近くの踏み切り上から見たホームの雰囲気はこんな感じで、確かに秘境っぽいといえなくもありませんが、一応観光地であるので、尾盛小和田のようなむせ返る秘境感はありません。そもそもこのようにして車で到達できますし。


会津鉄道会津線 塔のへつり駅
むしろこの会津方面を眺めた鉄道風景のほうが芳醇な秘境臭を感じます。
うわぁ乗りてぇ・・・。


会津鉄道会津線 塔のへつり駅
駅の周りの林はこのように綺麗に刈り払いがされており、公園のような雰囲気。
秘境駅というより森林公園内のミニ列車駅っぽいですな。


会津鉄道会津線 塔のへつり駅
無人駅のうえ改札の無い駅のホームに入ってみると、このような特大こけしが屹立しておりました。林は綺麗なのに、君はだいぶ薄汚れているね。


会津鉄道会津線 塔のへつり駅
レジャー感のある秘境駅、というか、ガチではなくカジュアルな秘境駅、というか。
「林の中にある駅」って感じで、なかなか絵になってくれちゃいます。


会津鉄道会津線 塔のへつり駅 ザ



会津鉄道会津線 塔のへつり駅
「奇岩が招く藤娘」
ここの奇岩とやらは娘を招かずにはおかぬほどなんだかえっとアレげな・・・? そういう・・・? っていうか藤娘って当たり前のように言ってるけど良く考えると藤娘ってどういうことです? 藤のように香りたつ美しい娘のことかと思いきや、絵では藤と娘は別の存在のように扱われているし、ううむ、とどうでもいいことを考えて電車を待っていると・・・


会津鉄道会津線 塔のへつり駅 トロッコ列車
ありがとう鉄神様! 10分ほどで列車到着! しかもレアなトロッコ列車!!
ローカル線の場合数時間に1本なんてダイヤがザラなので、通りすがりに列車に遭遇できるとはなかなか鉄運が良い。


会津鉄道会津線 塔のへつり駅 トロッコ列車
やっぱり在来線のこういう車両のデザインが好きですわ。


会津鉄道会津線 塔のへつり駅 トロッコ列車
前と後ろで車両が異なるつぎはぎっぷりもまた良し。
元気よく煙を吐きながら(公害・・・笑)林の中に消えていくディーゼル。素敵です!


鉄成分を予想外にたらふく食べることができ、なんか満足してしまって、もういいんじゃね? おなかいっぱいじゃね? 感が色濃く漂いましたが、まあせっかくここまで来たのだから、藤娘も招かれるという奇岩とやらを見に行こうじゃねぇか、おおそうぢゃ。
ということで、気持ちを奮い立たせて行ってみようと思います。

次はそそり立ったり、えぐれたり、へつってみたりな、塔のへつりでございます。

 

| | 00:00 | comments(0) | - |

栃木・福島周遊記2013年6月【9】〜北温泉旅館周辺〜
北温泉旅館
北温泉旅館を出て、駐車場まで戻ってきました。
やはり高い・・・
これはおそらく福島県白河市方面の眺め。

ノープランだったのですが、とりあえず那須湯元でメシ食って、近くの“つつじ吊橋”を見物した後、かねてよりドライブしたかった甲子道路(かしどうろ)を走行し、福島県会津にある景勝地“塔のへつり”へ行くことに決めました。レンタカーを返す時間が気になりましたが、まあ間に合うんじゃねぇか? と楽観的に構えてGO! 結果的にはやや無謀な楽観主義となりました・・・。
 

那須高原 つつじ吊橋

那須高原 つつじ吊橋
ということでまずはここ、“つつじ吊橋”
途中の林内で最盛期を迎えたエゾハルゼミがニョッキニョッキ鳴きまくっていて面白かったなー!
なんて余裕をカマしつつ・・・。


北温泉旅館 つつじ吊橋
ぐ、ぐぅ・・・
タッ・・・タカッ・・・タカイヨウ・・・


北温泉旅館 つつじ吊橋
おぅふっ!
なんてことをしてくれやがるのでしょうか。
東京タワーの展望台にもわざわざ床がガラス張りになっているところがありますが、高所恐怖症の自分にとっては正直拷問です。
ていうか、高所恐怖症ならわざわざ吊橋を渡りに行くなよ、って感じなんですが、「うひゃあぁぁぁぁ・・・KOEEEEEEE!!」ってのをやりたくて、渡れないのをわかっていてつい行ってしまうものなのですね、どうも。


北温泉旅館 つつじ吊橋 廃橋
んで、よしゃいいのに下を覗き込んでみたりしてウヒャアァァァ・・・ッ!! と大の大人が恥ずかしい声をあげ・・・ようと思ったら、なんだっ、アレはっ!?
廃橋じゃあねえかッ!!

時間があれば突入してみたかったのですが、レンタカー返却問題でこれ以上行程を増やせないのであえなく断念。まあ次来た時ですな。


那須高原 つつじ吊橋
無理っ!! もー無理っ!!
下半身のぞわぞわ感が我慢の限界を超えました。
へっぴり腰でヘコヘコ引き返す恥ずかしい成人男性。
吊橋渡るぞ! と意気込んで来ておきながら、対岸まで渡らず引き返すとはなにごとじゃ、という感じですが、まあスリルは味わえたのでいいです。


那須高原 つつじ吊橋
頑張って撮影した吊橋上からの絶景。
のつもりが、へっぴり腰気味なため視座が低くなり、絶景感が著しく損なわれております。ゴメンネ、つつじ吊橋。
 

栃木県道・福島県道290号那須甲子線ドライブ

さあ、要も済んだので(苦笑)ここからは華麗なるドライビングだぜ!
とはいえ、自分が運転するので写真が撮れません。
マユミサンが撮ってくれればいいんですが、名探偵の少年に含み針を刺され眠ってしまったので、あえなく独りでダウンヒル。

那須高原から甲子道路までは栃木県道・福島県道290号那須甲子線で山を駆け下りていくのですが、ここは有料道路が無料化した道路だけあって道幅も広く、苦にならない程度の峠道らしいコーナーが連続していて、しかも対向車も後続車もほとんどいない、実に快適極まりない道路でありました。
また景色もよくてね・・・写真が撮れなかったのが非常に悔やまれます・・・

ちなみに先刻、「ダウンヒル」などとかっこつけて言ってみましたがレンタカードライバーにそんな真似ができるはずもなく、実際はアクセルは踏まず控えめな速度で慎重にしかし出来うる限り速度を保ったままコーナーを抜けるというような安全な一人遊びをしていたに過ぎません。だって、無茶な運転すると、わたくしは車酔いしてしまうから。自分で運転しているのに
ブレーキを踏む際のゆるやかな加重移動がキモです。美しいグリップ走行を目指します。
 

甲子道路ドライブ

国道289号線・通称「甲子道路」(甲子と書いて“かし”と読む)へ抜けると、あとは一直線に会津地方へ。

この国道はもともと車両通行不能区間、いわゆる“点線国道”が存在していて、甲子峠付近が登山道になっていたらしいのですが、数年前に「甲子トンネル」という4kmを越える長大なトンネルが開通し、ようやく車が通行できるようになりました。このおかげで会津地方への交通の便が飛躍的に良くなったとか。

で、そんな甲子道路、人里離れた山の中の国道にしては異様に高規格であることで定評があり、実は自分もそれを楽しむのが目的だったのですが、走ってみたところ確かに、人家も見当たらない山深い場所にしては不自然なほど直線的な線形、下郷付近までほぼ信号もなく、どこまでも続きそうな甲子トンネルの長大さなどなど「これが一般道なのか? 地方によくある2車線高速道じゃないのか?」と見まごうばかりの堂々たる道路で、その昔は険しい峠を越えられず、国道に指定されていながら途中が登山道になっているというありさまであったのに、今やこんな高規格な道路で山腹をブチ抜けるのだから、土木技術の進歩ってのぁすごいものですなぁいやはや、などと独り感心しながら運転していたら、あっという間に福島県の下郷まで抜けることが出来ました。こりゃあ便利だ。


だいぶ文章だけが長くなってしまったな・・・
今後、ドライブのときにどう写真を残すかは課題であります。


次は塔のへつりですぅ。

 

| | 00:00 | comments(0) | - |
著者紹介
最近の投稿
カテゴリー
過去の投稿
オマロ内検索
その他