日本の各地を周遊・徘徊するウェブログ。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |

終わらない漫画の話 第2話
たまには漫画の話でも…ということでたまに書く漫画のはなしの連作。
ていうかワイサイの日のレポート、アップしたつもりになって下書き非公開のままだったのでこの記事の下アップしてます…。


prism1巻 / 東山翔
詩的センスがハンパない漫画。女子高生の同性愛をみずみずしい感性と繊細な筆致で描く作者のセンスが素晴らしい。「時折彼女は悲しそうに笑う。私はそれがとてもいいと思った」とか、もう切なくて死にそうになる。

いわゆる性的な描写を目的とした同性愛の漫画とは違って、あくまで“恋愛もの”(東山先生はけしからん系の紳士漫画家だけども)。人間関係のちょっとした衝突などもありながら、しっかり女子高生の初恋を描いていて実に爽快。

今のところは理解ある人間たちの中でまだほのぼのと付き合いを深めているメインキャラ二人だけれど、物語のなかではどうしても“同性愛”という前提が破綻や悲劇を予期させるため、二人が幸せそうにしている描写がとても儚かったり切なかったりする。その辺は『よつばと!』とも近い感覚かもしれない。


つっぱり桃太郎 / 漫画太郎
敬愛する画太郎先生の未完(いちおう最終話はあるのか・・・)の名作。画太郎作品は絶版が多く、意外に持ってない作品が多かったので最近あまぞんぬを利用してガンガン集めている次第。
序盤は低調というとあれだけど、話の進行が遅いいかにもな画太郎作品なんだけれども、途中から異様に面白くなる。3〜4巻なんかリアルに妖怪退治アクション漫画になってて「これ普通に面白いけど、画太郎作品なの?」とすら思えるほど。

もうちょっと鬼復活までをコンパクトに出来てたらよかったんじゃないかと思うけど、画太郎先生にそんなこといってもしょうがない。まあそこを愛せるのが画太郎フリークであって、そこを愛せない人が多いからいつも打ち切りになってしまうのだろう…。

もうひとつ、この作品はたくさんの妖怪みたい鬼が出てくるけど、画太郎のクリーチャー・デザインは三浦建太郎なみに不気味なのに、2〜3コマ経つとなんかかわいらしく思えてくるのが画太郎マジック。画太郎のすごいところは可憐な娘を描けるところではなく、ジジイやババアはもとより、一つ目の妖怪とか、奇怪な化け物も実に表情豊かに描けるところだろうと思う。愛があるというか。まあたいていは惨殺されるんだけど…

これちなみに、完全に強制終了打ち切りで、単行本にも残り3〜4話が収録されておらず尻切れトンボです。くっそコビャッコが…
画太郎に怒ればいいのか集英社に怒ればいいのか分からないがなんとかしてほしい次第。闖入社員金太郎とかも含め。


人間仮免中 / 卯月妙子
漫画の面白さというものが、絵のうまさではなくネームと構図と人物描写であり、くわえてギャグ漫画というものがいかに絵で笑わせるかという所に尽きる、というあらゆる漫画の本質を見せつけてくれる漫画。最小限の絵のクオリティに、これしかないというセリフと構図、そして魅力的な人物描写だけでここまで面白く読ませてくれるのは、まあ冨樫とかの前例もありますが、やっぱり驚きを隠せない。(その逆ともいえる、角川系の絵師漫画を読むと、画力や絵柄、絵の完成度が漫画にとってはただのオプションにすぎないということがより鮮明に分かる)

統合失調症を持つ作者のあまりに壮絶な人生をつづるエッセイ漫画、という内容なのに、統合失調症やら自殺未遂やら含め、「面白いことがあったので」という感じでサラッと笑いにしてしまっていて、悲愴感や叙情性や感傷に浸るところがまったく無いところに作者の執念と才能を感じる。
良く考えると、描かれてることはほぼ事実なので、ドン引きしてもおかしくないネタばかりなんですが…。もう絵が笑わせる覚悟に満ち溢れているので、なんの気負いもなく笑ってしまう。

そしてギャグ意外にも、20歳以上も年の離れた初老の恋人“ボビー”さんとの生活や、人と人とのつながりがとても温かく、魅力的に描かれていて、生活の滋味というか、生きるということの滋味を味わわせてもくれる素晴らしい漫画だと思う。


闇金ウシジマくん / 真鍋昌平
最近ようやく後追いしている漫画。ヤンキー漫画だとばかり思って敬遠してたけど、人間と人間心理を描くための漫画だったのね。と言う感じでかなりはまっている次第。
しっかしこの作者の人間観察力と、その描写力はすごい。
昔バイトしていた、地元の小さな居酒屋の常連さんが、まあたいていアル中だったり、ヤンキーだったり、やくざ稼業だったり、パチスラーだったり、風俗店勤務な感じで、ウシジマくんに出てきそうな人たちが多かったのですが、そういった人たちが時折見せる物憂げで切なそうな表情、とか、そういうのを見事に描いていて、ああもう見たことあり過ぎて、すごくなんかこうたまんねえなあ、という気持ちになります。グッとなるというか。

「誰もが当たり前に出来ることが当たり前にできない人たちがいる」という真実と、そういう人たちにスポットを当ててひたすら繊細に物語を描く、その手腕が見事すぎて、ただただ脱帽。

そして何より、こんな闇金に関わるような追い詰められた人や、短絡的思考の人、金に汚い人など、いわゆる「ダメなやつ」「底辺の人間」と言われてしまうような人たちを、決して馬鹿にしたり下に見て描かずに、同じ目線でリアルに描いている真鍋昌平に、尽きせぬ人間愛を感じます。それがメインキャラ、チョイ役問わず。そこがこの漫画のいちばんの魅力じゃないかと思う。


さて、GANTZと倫たん新作の新刊が出ているが、金がないので7月に買おう。



Pygmalion参加中!!
出れんの!?サマソニ!?Web投票開催中!
ぜひぜひ一票入れてってください!
※1日2回投票OKです


| 漫画 | 00:00 | comments(0) | - |

仮アップ

 フェティシズムとはなんなのだろうか?
 性的欲求ともいえるし、そうとはいえないようなものもある。
 とにもかくにも、自分はフェティシズムに日々取り付かれて生きているように思う。

 自分の好きなものを評論しようとすると、ほとんどフェチっぽい部分しか出てこない。
 音楽聴いてても、「この音質が…」とか、「このヴォーカルのこの歌い方が…」とか、「このコード感が…」とか。

 フェチというか、中毒、なのか?

 これだけいろんなものに(自己完結すまん!)、ということは、何か自分にとってフェチや中毒と言ったテーマが重要なものなのではないかと思えてくる。うーん。



 * * *


 
 いつのまにかおやすみプンプンの5巻が出ていたので買いました。

 正直残念な展開…

 浅野いにおのデフォルトであると思われる部分(視野の狭い若者が狭い自分達の行動範囲を勝手に“すべての世界”として語りだして自意識と自己愛と自己憐憫を叙情性と言う名のオブラートに包んで輪から外れた立場にいることに酔ってる感じ)があまり好きではないのでしょうがないのですが…虹ヶ原ホログラフで初めて作者の作品を読んで気に入って、プンプンでさらに期待してたら、過去作品にはほとんど「…。」という感じで、今度は期待してたプンプンまで過去作品とまったく同じ展開になってしまいました。

 やっぱり、プンプンがシンボル化されてる意味(意味が無いという意味も含め)が、4巻以降どんどん希薄になってるのが残念。

 初期は、ふざけた落書きのような主人公が、かなり現代的な、深刻でシリアスな(とはいえよくあることだと思わせるような)日常を送っていることで、よくある悲喜劇がモダンなおかしみを生んでいて、んー味わい深い、と読みふけっていたのですが。残念…。(と言う意見は少数派なんだろうなと思いますが)


 * * *


 今月の新刊、ベルセルク、ローゼンメイデン、純血のマリアが楽しみ。

| 漫画 | 01:51 | comments(0) | - |

14歳

 『14歳』を読了。


 感動。


 といっても、涙が出るとか、そういった局所的な感動ではなく。

 「生きること」への根源的な「歓喜」が体いっぱいに充填されたような、大規模で、打ち震えるような感動。


 当然、楳図かずおお約束の強引な展開やツッコミどころもありますが、そんなもなぁどうでもいい。

 ていうか、楳図かずおはロックなんです。

 ロックとはそもそも、細かいことなんか気にしないで強引にブチかますもの。
 そう言った意味で、楳図作品はロックの魂に満ち溢れているし、巷のロックバンドより余程ロックである。

 いやぁ、凄いもん読んだ。
 そしてこんなのがまだまだ読めると思うとWAKUWAKUしますね。
 次はどれを読もうかなぁー。

| 漫画 | 01:11 | comments(2) | - |

キィィィヤアァァァ!!

 「ケロロ軍曹」面白いですね。

 「キャラもの」とか「萌え」とか随分長いこと敬遠してきたのでありますが、「げんしけん」や「ハンターハンター」などを皮切りにチョット戻ってきました。

 「キャラもの」の「安心感」は中毒的ですね。
 終わりがあって(もしくはなくても)、そこに向かってドロドロとハードコアに突き進む漫画が大好きなのですが、この、永続的なキャラ世界を空想(a.k.a妄想)する楽しみ。
 それは同人誌として結晶化するわけですが。
 まあそーいうのも含めて面白いと。

 特に軍曹は、完成度が高い。
 イヤ、濃度??
 そういうのが高いのがイイですね。
 
 キャラものの最大の壁は「永続感」が希薄になること。ネタ切れになったり、使い切れないムダキャラが発生したり、初期の設定が壊れてバランス崩壊を起こしたり。(あと絵が雑になったりそもそも別のキャラ?と思えるほど絵柄が変わったり)


 非常に濃厚な純度を保っていますね。軍曹は。

 つっても、まだ全部読んだわけじゃないのですが。

 うん。

 つうかキャラものの真髄は結局日本人の好きな「様式美(a.k.aお約束)」なのでしょうか?

 まるくなったな、俺も。

 つうかつうか、俺のブログって、ケッコー、現実“以外”のことばっかですね。はは。



 タママのしっぽが好きです。



《♪木村カエラ/Scratch》

| 漫画 | 01:10 | comments(4) | - |

怪虫は串ざしにしたくらいじゃまいらないぞ!!

 UMEZUセンセイの「漂流教室」を読みました。

 何故今の今まで読んでおらなかったのだろう。

 楳図かずおの作品を読んでいると、いつも「ディティールとか別にどーでもいいじゃん!」と思ってしまう。
 縛られていたはずの腕がほどけていたり(笑)、普通の犬が「うわーっ!」と叫んだり(大爆笑)、いろいろツッコミどころはあるんですが、それ以上にストーリーとエモーションがぶわーっと轟音を立てて流れており、僕はその熱量がすごいと思う。

 「漂流教室」にもいろんなツッコミどころはありますが、気にならんというか…
 UMEZUセンセイがOKならOKなんだ!!と思えてしまう。

 いやー、他にもいろいろ読まなきゃな。

| 漫画 | 21:50 | comments(3) | - |
[1] [2] >> last>|
著者紹介
最近の投稿
カテゴリー
過去の投稿
オマロ内検索