日本の各地を周遊・徘徊するウェブログ。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |

調布市花火大会
調布市の花火大会が行われるということで、週末、多摩川土手まで自転車で行ってきました。



開始20分前くらいに会場に到着。しかし、土手と河川敷はすでに人多杉で、スシ詰め弁当箱状態・・・。
こんな中に突入したら花火どころではない・・・一瞬帰宅したい気持ちがチラつくものの、警備にあたっていた所轄の巡的に煙たがられるのを承知で「これもう中に入れないっすよねー」と話しかけてみると、案の定「見りゃわかんだろ話しかけんな」という雰囲気を大いに醸し出しつつも、「土手の外の道路で見たほうがよく見えるぞ」という耳寄りな情報を教えてくれた。土手の外の道路は車両通行止めで、まだ人が疎らであることから、自分はこの道路の真ん中に座して見ることにしました。




調布市花火大会 2012

調布市花火大会 2012


道路というのになかなかよく見えるのでびっくりした!



調布市花火大会 2012

調布市花火大会 2012

途中、ファンシー花火というか、姫花火というか、ギャルギャルしいハートや星型、ニコチャンなどの変わり花火の連続には少々辟易したけれど、屈強な花火職人の方々が子供や娘っ子たちのために命がけで可愛らしい花火を制作しているその様子を想像すると、なんだか厳粛な心持になります。
そしてそもそもこれって爆弾みたいなもんなんだぜ?と思うと猶のこと、心が打ち震える何かを感じます。



調布市花火大会 2012

調布市花火大会 2012

調布市花火大会 2012

本当にこの道路は花火のよく見える道路である。




調布市花火大会 2012

空気が澄んでいるからから、一つ一つの花火がより美しく感じた次第。
秋に花火を見るのは初めてだったけれど、なかなかおつなものでございますね。



多摩川住宅

帰りには多摩川住宅要塞が畑の彼方に浮かぶ様も目撃。
こいつぁアツいよ。昼間にも来てみたいよ。




花火関連記事
江戸川ファイヤーフラワー



| 写真日記 | 02:05 | comments(0) | - |

ムラサキシキブとスイフヨウ
コムラサキ

育てているコムラサキが結実しました。
今年で種から育てて3〜4年目なのですが、他のどの植物よりも結実が早かった。
このジンタンみたいな実が気に入っています。
でもなんか実つきが疎らだな・・・




コムラサキ

家の前のアスファルトの隙間から生えたコムラサキ。




コムラサキ

勝手に生えて勝手に育っているのに、この見事な実の付き方。
うちのもこれくらいに育ってくれたらいいのにと思う。



コムラサキ

ついでにその横にはスイフヨウも花を咲かせていました。
葉っぱは雑草みたいであんまり綺麗じゃないんですけど、園芸種だけあって花は抜群に綺麗です。綺麗なんですが、これも園芸種だけあって、美しくは無い。と思う。
もうちょっと野趣あふれる奥ゆかしさと言うか・・・逆になんかグロテスクだったりとか・・・そういうもののほうが美しいと感じる次第。
ヤマアジサイとかヤマザクラとか好きです。




| 写真日記 | 00:00 | comments(0) | - |

深大寺のたぬきそば
深大寺

某日、深大寺に昼飯を食いに行ってきました。
なんか家から近いのに、いやむしろ近いがゆえに、いつでも行けるさと思ってしまい、あんまり深大寺に行ってない。
死ぬまで今の土地に住み着くわけでもなし、いつここを去るかも分からないのに、今行かずしていつ行くのだ、と甘えた心を奮い立たせ颯爽と深大寺門前そば屋へ。

お気に入りのそば屋はすでに見つけてあるんですが、何十軒もあるそば屋を開拓しない手は無いのにで、この日ははじめて入る店。
日本庭園が見渡せるいい雰囲気の店。



深大寺 そば

外が見えるアングルが気に入ったため、そばも同じアングルで撮ってみたら失敗したの図。

たぬきそばは、わかめと揚げ玉のほかにも、山菜やかまぼこや玉子焼きなどが入っていて、日本風ファストフードではなく、しっかりした料理として完成されておりました。
深大寺の温そばはどこもちゃんと作りこまれているから楽しめる。
ちょっとつゆの味が好みではなかったのだけど、それでも美味しくいただきました。


もっと通いたいのう・・・





| 写真日記 | 00:00 | comments(0) | - |

トマソン的扉との遭遇

うちの近所に HOT な SPOT があったのでご報告仕る次第。




超芸術トマソン的扉

これである。





超芸術トマソン的扉

HOT 過ぎて鼻血が飛び出しそうです。

ファミコン時代のゲームにはこういうのよくありましたけど。

残念ながら現世と言うやつは残機という概念がない即死ゲーなので、「あっ扉だ」つって間違って開けたら、問答無用 GAME OVER、いや、ゲームじゃないので人生終了です。



超芸術トマソン的扉

扉の1m下に何かの痕跡と思われる灰色のラインがあるので、おそらくここに構造物があったのを撤去して、下の小屋を増築したということなのでしょう。


超芸術トマソン的扉

どんな角度で撮っても絵になるなァさすが超芸術。



晴れてる日にも撮影してみたいね。





| 写真日記 | 00:42 | comments(0) | - |

江戸川ファイヤーフラワー

昨日はさくさと寝たのに、今日起きたときの凄まじい疲労感は正直驚きであった。

ひさびさに視野狭窄的な発作が発生したし。

デカビタのカフェインが強すぎたのか・・・
やはり午後の紅茶がデッドラインのようです。


というわけで、今日も8月の記録を残していきたいと思います。


江戸川花火大会2012

8月某日、江戸川花火大会に行ってきました。
友を励ますつもりだったのに、酒飲んだらなんか愚痴ったりなんだりでいつもと変わらないような感じになってしまって、ああっ、って思ったけど、とにかく花火がすばらしかった。

始まる前はおもしろげな空。



江戸川花火大会2012

遠くバブイルの塔も見えます。



江戸川花火大会2012

まだ空が完全に暗くなる前にスタート。



江戸川花火大会2012





江戸川花火大会2012






江戸川花火大会2012

宇宙画像みたいですな。





江戸川花火大会2012

ピンボケはシューゲイザーの基本。



江戸川花火大会2012




江戸川花火大会2012




江戸川花火大会2012




江戸川花火大会2012





江戸川花火大会2012

本格的に花火を見たのはすごく久しぶりです。
それこそフットスタンディング区の荒ぶるリバーの花火大会以来。

花火はロックバンドのライブ的な要素がありますね。
音、視覚、そして体感、さらにストーリー性というか、セットリスト的感覚。

いってしまえば人を殺す力もあるような火薬・爆薬を、花火職人は命がけで一年かけて準備して、こんなに美しく感動的なショーに変えてしまうのです。その技の素晴らしさに、涙が出るほど感動しました。

また来年も行きたい!



| 写真日記 | 00:00 | comments(0) | - |
著者紹介
最近の投稿
カテゴリー
過去の投稿
オマロ内検索